HIV以外にも怖い性感染症があるのをご存じですか?日本で多い病気について説明します。

クラミジアの特効薬!

クラミジア

クラミジア

クラミジアは、日本で最も多い性感染症です。「クラミジアトラコマティス」という病原体により感染します。国内の感染者数は100万人にものぼると言われていて、特に10代の間で感染が広がっています。

ここまで拡大している理由は、まず、感染率の高さです。避妊具を使用せずに性交した場合、50%の確率で感染すると言われています。また、自覚症状がない場合が多く、特に女性の場合、8割は症状がないと言われています。これらの理由で、自覚がないまま感染させてしまい、拡大してしまっています。

しかし、症状がなくても自然治癒はしないと言われています。放置すると病気が進行し、男性も女性も不妊症の原因となってしまったり、HIVなど、他の感染症にかかる確率が5倍も上がってしまいます。症状がないからと言って、甘くみて放置してはいけない危険な病気です。

感染は殆どが性交によります。オーラルSEXでも感染し、その場合は、のどに感染して咽頭クラミジアとなる事もあります。また妊婦の方が感染した場合、胎児も感染します。症状は、男性は尿道からの分泌物、排尿痛、精巣上体の腫れ、尿道のかゆみや不快感、軽い発熱や痛みなどです。女性の場合は、オリモノの増加、不正出血、下腹部の痛み、性交時の痛みなどです。

喉に感染している場合は、喉の腫れ、痛み、発熱などとなります。喉の場合は、男性も女性も症状がない事が多いとされているので注意が必要です。また、咽頭クラミジアに感染している場合は、性器だけを検査しても陰性となってしまう場合があります。感染の疑いがある場合は、必ず喉の検査もしましょう。

パートナーがいる方は、かなりの確率でパートナーも感染しています。自分だけ内緒で治療しても、再度パートナーからうつされるという事になってしまいます。病原菌が行き来する事から、ピンポン感染と言います。完治すれば再発はないと言われていますが、免疫が出来るわけではないので再感染は多いにありえます。必ず二人一緒に検査と治療をするようにしましょう。

放置すると、病気はどんどん進行してしまいます。今は早めに治療すれば薬の服用だけで治療が可能です。もしも気になる事があれば、必ず早めに検査をするようにしましょう。

ヘルペス

ヘルペス

病気の名前は知っていても、その症状までは良く知らないと言う物は少なくありません。その一つがヘルペスではないでしょうか。疲れている時になる病気と言う事は知っていたとしても、それ以上の事は知らないと言う人は多々います。

ヘルペスとは、ウィルスによる感染症の事です。ウィルスは1型と2型に分かれています。初めて感染する時は体の部位に関係なく発症してしまうので注意が必要です。
また1回感染するとそのウィルスは体の中に潜伏してしまうので、再発する可能性は多々あります。抵抗力が弱まった時等に症状が出てくるので注意しましょう。これが疲れた時に発症すると言う理由です。

それ以外にも熱が出るとか、ストレスを感じる、日焼けをすると言う事だけでも潜伏しているウィルスが活性化してしまいます。症状としてよく知られているのは水ぶくれですが、これには段階があります。

まず最初は赤くなる所から始まり、水ぶくれが沢山出来て行くのが特徴です。痛みを伴う事が多く、倦怠感を覚えたり発熱して体がだるくなってしまう事も珍しくありません。
出来る部位によって呼び名が変わりますが、原因となっているウィルスは同じです。水ぶくれができると、大体2週間から4週間程度で症状自体はなくなります。しかしその時点ではまだウィルスが体内に残っているので、再発してしまう事もあります。中には1か月に2回症状が出てしまう人もいる程です。現時点では一度感染すると一生付き合っていく必要がある病気ですが、再発を防ぐことは可能です。

まずはバランスの良い食生活を心掛けましょう。またストレスが原因となってしまう事が多々あるので、上手にストレスを発散する必要があります。感染に関しては潜伏期はそれほど高くはありませんが、水ぶくれができている時が最も高くなります。タオルやコップを共有しないだけでなく、患部にむやみやたらに触らない等が必要です。
万が一触ってしまった時はすぐに手を洗います。水ぶくれが破れてしまった時はすぐに消毒して液体をふき取りましょう。

淋病

淋病

淋病は菌に感染してから症状が出るまで、2日から7日程の潜伏期間があります。性行為によるペニスや膣、肛門の接触のほか、オーラルセックスによって口から感染することも少なくありません。男女ともに感染する性病です。

男性の症状は、排尿時に痛みを感じるほか、ペニスから白や黄色、緑色の膿のような分泌物が出てきます。睾丸が腫れて痛むなどの症状もあり、異常に気付きやすいのが特徴です。

一方、女性の場合は発症しても、オリモノの量が多くなる程度で、特段の痛みを感じることはありません。そのため、感染に気付かないまま放置され、重病化することがあるので注意が必要です。排尿時に熱い感じが起きたりしますが、生理前などにも起こる症状であるため、気づきにくいのです。治療せずに放置されると、骨盤内炎症性疾患を起こし、不妊症や子宮外妊娠を引き起こしやすくなるリスクがあります。また、男性においても放置された場合、精巣上体炎が起こって、精子を作る機能に障害が起こるリスクがあります。その結果として不妊症になる虞があるので注意しましょう。

さらに淋病の菌が血液や関節まで広がってしまうと、命に関わることがあります。一方、オーラルセックスによる咽頭感染の場合、発症すると咽頭痛を起こすことがあります。

もっとも、この症状も風邪などと誤解されやすく、性病という認識がないまま放置されがちなため注意が必要です。淋病の感染に気付くには、やはり定期的な性病検査が不可欠と言えるでしょう。

HIV

HIV

クラミジアや淋病など性病の中には多くの種類がありますがその中でも最も深刻なものがHIV感染です。HIVとは、エイズウィルスまたはヒト免疫不全ウィルスを指し、このウィルスに感染すると免疫力が低下して、通常には何ら問題のない病気でも命の危険が及ぶほど重篤化してしまうという特徴があります。これは人が本来持っている病気に対する抵抗である免疫力が低下してしまうために起こるもので、命の危険に及ぶほど重大な病気になってしまうのです。

このHIV感染が起こったからといってすぐに命の危険に及ぶわけではありません。現在では治療法も確立していて、薬などを投与しながら治療を続けることによってエイズの発症を抑えることができるようになっています。とはいえ、一生このウィルスと付き合っていくことに変わりはありません。感染しないための知識と対策が必要になってくるのです。

このHIV感染の原因は、性交やオーラルセックス、母子感染が主なものとなり、精液、膣分泌液、血液、母乳などを介して感染が広まっていきます。コンドームなしのセックスでは、HIVウィルスに感染してしまうのです。感染率自体は1%とそれほど高くなく、HIV自体は感染力が弱いウィルスと言えますが、コンドームなしのセックスでは感染する危険性があることを認識することが必要です。

オーラルセックスの場合も口内に傷口があり出血などが見られると感染の確率が高まりますし、アナルセックスは最も出血しやすい行為ですから、確率も高まると言えます。また注射器の使い回しなどによる血液感染の可能性もあることを知っておくことも重要と言えるでしょう。

性感染症にかかってしまったら?オススメの治療薬

レボフロックスを通販で購入

クラビットのジェネリックを通販で購入

ジスロマックを通販で購入

性感染症の基礎知識

性感染症の種類 レボフロックスとは レボフロックスの意外な効果 クラビット ジスロマック 検査キット 予防・治療方法
若い人に拡大するクラミジア 人気の海外通販 体験談・レボフロックスで治癒!