レボフロックスは性感染症以外にも、様々な効果があります。また、購入方法についても説明します。

クラミジアの特効薬!

レボフロックスの意外な効果

レボフロックスの意外な効果

レボフロックスは、抗菌薬で、主に細菌感染のときに使われる医薬品です。細菌が体内に入ったことにより、熱や腫れが生じ、痛みや発熱などをおこすことがあります。このような時に、殺菌薬として効果があるのです。

しかし、レボフロックスは海外で製造販売されてはいますが、日本の医療機関では処方されていません。なぜなら日本では認可されていないため、日本の薬局では取り扱っていないのです。では手に入れたいときはどうするかというと、海外から個人輸入をすることになります。

購入方法

個人輸入というと難しく感じますが、インターネット上には個人輸入を代行している業者が多くあります。個人輸入は違法ではありませんので、信頼できる業者の利用を考えてみるのもよいでしょう。しかし実際の服用に関する責任は、自己責任ということを認識して利用しましょう。

購入方法

実はこのお薬は、日本で最も広く処方されている抗菌薬といってもよいクラビットのジェネリックです。クラビットは、ニューキノロン系の抗菌薬で、副鼻腔炎、尿路感染、扁桃腺炎、外傷での化膿など私たちが身近な症状に大変広く効果を発揮します。クラミジアなど性病や乳腺炎、膀胱炎にも効果があります。ニキビが化膿したり、歯茎の腫れなど日常よくある症状にも広く使用されているのです。実際に処方されたことがある方も多いのではないでしょうか。そのジェネリックなのですから、利用価値はとても高いといえます。

手に入りやすい用量は500mgと250mgの二種類があります。症状によっても必要な容量が異なるので、しっかり用量を確認して服用しましょう。

服用の注意点

飲み合わせに注意するお薬があります。ひとつは、フルルビプロフェンの鎮痛薬です。これらと一緒に服用すると、けいれんを起こしやすくなります。また、アルミニウムやマグネシウム分を含む胃腸薬との併用は、効果が落ちることがあることが分かっています。さらに多くの医薬品と同様、妊娠中、授乳中、持病やアレルギーがある人は服用を控えるようにしましょう。

ニューキノロン系の抗菌薬は副作用が少ないことでも知られていますが、発疹や下痢などの症状が出た時は、注意するようにしてください。また、この医薬品は細菌感染には効果がありますが、抗ウィルス薬ではありません。そのためインフルエンザをはじめとしたウィルス感染症には、別の治療薬が有効です。正しい知識をしっかり持って、お薬を上手に使っていくことが大切です。

性感染症の基礎知識

レボフロックス
性感染症の種類 レボフロックスとは レボフロックスの意外な効果 クラビット ジスロマック 検査キット 予防・治療方法
若い人に拡大するクラミジア 人気の海外通販 体験談・レボフロックスで治癒!