日本で一番多い性感染症がクラミジアですが、女子高生の感染率は世界トップクラスです。

クラミジアの特効薬!

若い人に拡大するクラミジア

若い人に拡大するクラミジア

日本で一番多い性感染症のクラミジアですが、若い人の間で感染が広がっています。特に高校生の感染率が高く、男子高校生は6.7%、女子高生は13.1%も感染しているという調査結果があります。女子高生は8人に1人が感染しているという事で、これは、先進国の中ではトップクラスとなってしまっています。

アメリカは3.9%、スウェーデンは2.1%なので、日本がいかに高いかお分かりかと思います。また、学年別では、1年生では女子高生の感染率が17.3%、さらに経験人数が5人以上という回答の女子高生の30%が感染しているという結果でした。

この原因は色々と考えられますが、まず、クラミジアは、感染率が非常に高く、避妊具を使用しない場合は50%と言われています。さらに自覚症状がない場合が多く、特に女性は8割は自覚症状がないと言われています。自覚がないまま相手に感染させてしまい、感染が拡大してしまっています。

また、若い女性ほど体の構造的に感染し易いとされています。女性の性器は、膣内に入った精液が出難い作りになっている為、男性よりも感染率が高いです。さらに若い女性は、クラミジアが感染し易い子宮頸部の面積が広い為、20代前半の女性は特に感染し易くなっています。

菌

性の多様化により、オーラルSEXで、喉に感染する咽喉クラミジアの感染も含まれます。日本は未だに性教育が遅れていると言われています。高校では、性感染症についてはHIV程度しか教えていないという学校も多いそうです。インターネットが普及し、日本でも性に開放的になり、性交の若年化もしています。しかし教育不足などによって若い人は知識が乏しく、危険性について十分理解しているとは言い現状です。

性感染症をゼロにする事は不可能かもしれませんが、正しい知識を持ち、予防をしっかりすれば、かなり減らす事が出来る病気です。性感染症は放置すると、不妊症の原因になったり、HIVなどに感染する確率が5倍にもなってしまうなど、危険な病気です。若いうちからしっかりと知識を持って、自分の為にも社会の為にも感染拡大をさせないようにしましょう。

性感染症の基礎知識

性感染症の種類 レボフロックスとは レボフロックスの意外な効果 クラビット ジスロマック 検査キット 予防・治療方法
若い人に拡大するクラミジア 人気の海外通販 体験談・レボフロックスで治癒!